6月も好成績!EA稼働実績

[更新日:2015年07月01日]

2015年6月もMT4 EAの成績は絶好調が、6月末にギリシャのデフォルト問題が深刻化したことで為替市場が反応し、これによりMT4 EAが損失を被る結果となってしまいました。

ただし先月に、ギリシャ動向の注意を促していたため、当社の無料EAの利用者は、稼働停止やロット調整をおこなったことと思われますので、最終的にはプラストレードで今月を乗り切った方も多かったのではないでしょうか。

さて7月についてもギリシャ問題への注意が必要となります。7月5日におこなわれる国民投票の結果次第ではありますが、市場が混乱する可能性がありますので7月3日から7月5日を過ぎた付近でのMT4 EA稼動は控えた方が良いでしょう。

上記の他にも、通常第一金曜日に発表されるアメリカ雇用統計ですが、今月は米国祝日であることから7月2日の木曜日に発表が予定されていますので合わせて注意が必要です。

■2015年6月のEA取引結果

以下、( )内の結果はギリシャのデフォルト問題ニュース時にEA稼動を停止していた場合の結果です。

・SepTimeMethod       +42.2pips(+42.2pips)
・TLBreak3           -1.2pips(-1.2pips)
・W_Entry_System3      -51.1pips(+174.7pips)
・4MAsFX             -139.6pips(+104.0pips)

・Proto7V3           -177.9pips(+105.8pips)

■2015年7月の注目経済指標

7月2日 欧 ECB理事会議事要旨(20:30)、米 雇用統計(21:30)
7月5日 ギリシャ国民投票
7月8日 米 FOMC議事要旨(27:00)
7月10日 米 イエレンFOMC議長発言(25:00)
7月16日 米 ドラギECB総裁発言(21:30)

7月29日 米 FOMC政策金利発表(27:00)

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。