7月の結果、W Entry Systemが7ヶ月連勝

[更新日:2014年08月01日]

2014年7月のFX取引が終了し、7月もW Entry Systemが勝利をおさめて、月別単位で7ヶ月連続の勝利となりました。史上最低のボラティリティの中、またもや新記録を塗り替えた素晴らしい結果となっています。

また7月は、EUR/USDの日足平均ボラティリティが40pips程度である史上最低の相場であり、為替市場を動かす材料がまったくと言っていいほどありませんでした。

このようなボラティリティであるため、重要指標や要人発言などで相場が乱高下することが警戒されます。今回はイギリスの消費者物価指数発表時に、Proto7V2、TLBreak2が損失を受ける結果となってしまいました。

しかし、その他のEAにおいては、このような状況の中で見事な結果を残したといえると思います。

8月は、雇用統計や政策金利発表、主要国中央銀行総裁の発言が警戒すべき指標です。MT4 EAの稼動停止などの措置は忘れないようにご注意ください。

■2014年8月相場の注目ポイント

8月1日 米雇用統計(21:30)
8月7日 英金利発表(20:00)、欧政策金利発表(20:45)、欧ドラギECB総裁会見(21:30)
8月8日 日銀金融政策決定会合内容発表(8:00頃)、黒田日銀総裁会見(15:30)

8月20日 英中銀金融政策委員会議事要旨発表(17:30)、米FOMC議事要旨発表(27:00)

■2014年7月のEA結果

・W Entry System3     + 32.2 pips
・TripleTacForex2     + 11.2 pips
・Proto7 V2          - 62.0 pips
・TLBreak2           -375.9 pips

・NMTrade            + 44.9 USD(獲得USD表示)

今後とも当サイトを宜しくお願い致します。