資金移動・入出金ではトレード戦略に影響を与えません

[更新日:2009年11月02日]

お客様より資金移動をおこなう事によりトレード戦略に影響を与えるか?という質問がありました。

取引口座間での資金移動や入出金によって、証拠金の変動が起きてもMT4 EAのロジック自体への影響はありませんが、資金運用上の注意点がございます。

当サイトにて配布している無料EAには、マネーマネージメントというパラメーターがございます。マネーマネージメント機能はオンとオフの切り替えができますが、オンにしている場合には証拠金の残高によって自動的に発注ロット数の調整がおこなわれます。要するに証拠金が多ければ発注ロット数も多くなり、少なければ発注ロット数も少なくなるということです。そのため、口座の資金変動があると自動的に発注ボリュームが変化しますのでご注意ください。

問題はマネーマネージメントをオフにしている場合。マネーマネージメントがオフになっていると、証拠金額に関係なく固定のロット数で発注が行われます。証拠金が増加した場合は問題がありませんが、資金移動によって証拠金が少なくなった場合、資金移動前のロット数で発注が行われると、意図せずハイレバレッジのリスクの高い取引がおこなわれるおそれがあります。

資金移動によって口座証拠金が減少した場合は、必ずマネーマネージメントのオンオフの確認を行い、オフの場合は証拠金に応じたロット数に変更する必要があります。

当社のMT4 EAや無料EAについての質問やご相談があればお気軽にお問合せください。