挿入

インディケータ(罫線分析ツール)
インディケータ(罫線分析ツール)をチャート上に表示させることができます。インディケータとは移動平均線やボリンジャーバンドなどのテクニカル指標を、チャート上に表示させるものです。MT4には最初から数十種類のインディケータが用意されていますが、自らダウンロードしたものや自作したインディケータを使用することもできます。
ライン
チャート上に垂直線、水平線、トレンドラインなどを自由に引くことができます。この機能はMT4の「表示」→「ツールバー」→「ライン等」で、ツールバーとしてMT4上に設置することができます。
チャネル
チャート上にチャネルライン(フィボナッチ・線形回帰・等距離・標準偏差)を表示させることができます。チャネルラインはトレンドラインと平行に引かれた線でサポートラインやブレイクラインなどとして使われます。
ギャン
チャート上にギャンライン、ギャンファン、ギャングリッドを表示させることができます。ギャンは主にトレンドの方向性を判断するラインで、ウィリアム・D・ギャンのトレード手法をもとにしたものです。
フィボナッチ
チャート上にフィボナッチライン(リトレースメント、タイムゾーン、ファン、アーク、エキスパンション)を表示させることができます。フィボナッチはフィボナッチ比率などを利用して、トレンドの戻りなどを判断するラインです。
図形
チャート上に長方形・三角形・楕円を表示させることができます。チャート上の値動きをエリア化して視覚的に見ることができます。
矢印類
チャート上に矢印やチェックマークを表示させることができます。トレンドの転換点などのチャート上の重要なポイントにマークを入れる場合などに使われます。
アンドリューズ・ピッチフォーク
アンドリューズ・ピッチフォークはピッチフォークとも呼ばれるラインで、チャート上に3本の線でトレンドチャネルを表示できます。中央線が損益分岐点となり、外側に引かれる線がレジスタンスライン、サポートラインとして考えられます。
サイクルライン
チャート上に同じサイクル(間隔)で垂直線を引くことができます。等時間ごと(1時間ごとなど)にチャートを区切り値動きを見るときに使用します。
テキスト
チャート上にテキストを表示できます。表示方法は、まずテキストを選択し、チャート上のテキストを挿入したい部分をクリックします。クリックするとテキスト入力画面が表示されるので、任意でテキストを記入できます。フォントや文字の色、大きさ、角度なども指定する事ができます。
テキストラベル
テキストと類似した機能ですが、テキストとの違いは入力した位置に固定され表示されます。テキストではチャートを動かすと表示テキストも移動してしまいますが、テキストラベルはチャートを動かしてもテキストの表示位置は動きません。取引時の注意点などをチャート上に表示させておきたい場合などに使用すると便利です。