英政策金利は予想外の据置き / 無料MT4EAには影響なし

2016年07月15日

昨日の為替市場は円売りが優勢で、ドル円は105円台で推移しました。

 

ドル円に関しては、英国民投票前の水準までほぼ戻したことになります。

 

ここまで戻した要因のひとつには、バーナンキ前FRB議長が、今春に訪米した前内閣官 房参与の本田悦朗氏との会談で、永久国債発行(ヘリコプターマネー)のアイディアに言及していたと報じられたことがきっかけあげられます。

 

ヘリコプターマネーは、過度なインフレを招くおそれがあるので、政府側も検討していないとしていますが、ヘリコプターマネーはともかく、日銀が大胆な緩和を続けるとの市場期待に繋がっているようです。

 

 

image英政策金利は予想外の据置き / 無料MT4EAには影響なしの続きを読む

次期英首相はテリーザ・メイ氏 / 英中銀利下げの可能性

2016年07月12日

昨日は前日の参議院選の自民党大勝を要因に、日経平均が寄付きから前日終値から300円近く値をあげました。。

 

それを受けて午後に入り円は売られ、一時はドル円が103円手前まで上昇しました。

 

また先週末に発表された米国雇用統計が強い結果だったことも、ドル買いを誘ったものと思われます。

 

また、安倍首相が来月3日にも内閣改造を実施し、 新たな景気対策にまず着手する姿勢が示されたことで、日銀の追加緩和も含めて市場に期待感が高まっているようです。

 

 

image次期英首相はテリーザ・メイ氏 / 英中銀利下げの可能性の続きを読む

無料MT4EA取引履歴(2016年7月)

2016年07月12日

当サイト配布の無料MT4EAの2016年7月の取引履歴です。

 

以下をクリックすると履歴が表示されます。(2016年7月31日現在)

 

 

image無料MT4EA取引履歴(2016年7月)の続きを読む

ドル円は100円割れにはかなり慎重 / ADP雇用統計

2016年07月07日

昨日は英国EU離脱問題に対する警戒感が一服し、欧州通貨もドル円も買い戻しの動きが優勢となりました。

 

27:00にはFOMC議事録が公表されましたが、内容的には雇用鈍化への警戒感が高まったといったものでしたが、市場の反応は薄かったようです。

 

そもそも今回のFOMC議事録は英国民投票前のものであったこと、そして、足元は既に米利上げ期待もかなり後退していることが反応薄の要因でしょう。

 

 

imageドル円は100円割れにはかなり慎重 / ADP雇用統計の続きを読む

ポンド安進む / 本日はFOMC議事要旨

2016年07月06日

昨日は、カーニー英中銀総裁発言が注目されました。

 

市場の関心事である利下げについては、具体的に踏み込んだ発言はなかったため、 ポンドはやや買い戻されましたが勢いはなく、その後もポンド安が進んでいます。

 

imageポンド安進む / 本日はFOMC議事要旨の続きを読む