海外FX会社の基礎知識

海外FX会社だけにあるゼロカットシステム

2017年05月25日

ゼロカットシステムとは、追証が発生しないシステムのことをいい、海外FX会社では広く普及しています。実はこの追証というのは滅多なことでは発生しないので、ゼロカットシステムの重要性についてはあまり議論されていませんでしたが、2015年に起こったスイスフランショックをきっかけにゼロカットシステムの重要性について世界中で話題となりました。

今回はゼロカットシステムを詳しく説明していくことに加え、日本のFX会社と海外FX会社のシステムの違いなども比較しながらご案内をしていきます。

ゼロカットシステムのこと既に知っていて、海外FX会社での口座開設を検討している方は、当社の独自視点で比較選定をおこなった海外FX会社の紹介ページをご覧ください。

海外FX会社の比較

海外FXだけにあるゼロカットシステム1

追証とゼロカットシステム

FXトレードを行っている際、予期せぬ値動きが発生して証拠金以上の損失を被ってしまうことがあります。この証拠金以上の損失は、後にFX会社から不足金額として請求されることがあり、これを追証(追加証拠金)といいます。

次にゼロカットシステムですが、ゼロカットシステムとは証拠金がゼロになった時点で取引は終了したとみなすシステムのことをいいます。つまり追証が仮に1億円発生した場合でも1円たりとも追加のお金を払う必要はありません。たとえ一時的にトレーダーの口座の金額がマイナスと表示されていたとしても、即日または翌日には「ゼロ」に戻されます。

ゼロカットシステムが注目されたスイスフランショック

image海外FX会社だけにあるゼロカットシステムの続きを読む

海外FX会社で口座開設

2017年05月15日

FX(為替取引)をおこなう為にはFX会社での口座開設が必要となりますが、近年はそれぞれの投資家の目的に応じて、日本国内のFX会社で資産運用をおこなう方と、海外FX会社で資産運用をおこなう方に大きく分かれているように伺えます。

日本と海外のFX会社における大きな違いとしてあげられるのは「レバレッジ」ですが、レバレッジ以外にも日本と海外では大きな違いや特徴がありますので、当ページ内で詳細に案内をしていきたいと思います。

また、当社はMT4 EAを開発する会社となります。当社のMT4 EAを稼働させるにあたり最適な海外FX会社を探しているという方は、以下のページにておすすめの海外FX会社を比較して紹介していますので是非ご覧ください。

海外FX会社の比較

レバレッジ

日本国内では2011年に最大25倍というレバレッジ規制が適用されましたが、海外では各国のルールに基づき100倍、200倍、400倍などとレバレッジが設定されています。

少ない自己資金で、大きな資金を動かしたいという投資家は海外FX会社が向いているといえます。また、少ない自己資金で大きな資金を動かすということは、利益も大きく狙える分、損失も大きくなりますので注意も必要といえます。

ゼロカットシステム

追証が発生しないシステムで、海外FX会社にしかありません。最近では2015年の1月のスイスフランショック時に国内のFX会社で取引していて証拠金以上の損失を出し、追証が発生したトレーダーが多くいました。

しかし海外FX会社の多

image海外FX会社で口座開設の続きを読む

海外FX会社の最適な選び方

2013年12月16日

FXの自動売買に関しては最も利用度が高いツールがMetaTrader4ことMT4ですが、このシステムは国内外の多くのFX業者が採用しています。

システム自体は同じですが、採用業者によってスプレッドなど様々な違いがあります。

いざMT4を使用して取引をやろうと決めたとき、どういった業者を選べばいいのか悩むケースが多々あると思います。

いったい他の使用者はどういった基準で業者を選んでいるんだろう?

そういった疑問に答えるべく、ある業者がアンケートを実施して、重要視する項目別にまとめたデータがあります。

[caption id="attachment_544" align="aligncenter" width="444"]MT4アンケート MT4アンケート[/caption]

結果的には、「システム、サーバーの安定性」、「FX会社の信頼度」、「スプレッドの低さ」の3つでおよそ75%を占有しました。

このあたりは当然誰もが重要視する項目です。

ここで注目しなければならないのが「スプレッドの低さ」です。

業者のHPでは「ドル円スプレッド0.1pips」などと耳ざわりの良い文句が書いてありますが、こういった極狭のスプレッドを謳っている業者は、約定時のスリッページが発生する場合がほとんどです。

スプレッドというのは業者が受け取る「手数料」だという事を忘れてはいけません。

ですので、スプレッドの低さは確かに重要ですが「約定力」というのを軽視してはいけません。

またアンケートでは、かなり低い重要度となっていますが

image海外FX会社の最適な選び方の続きを読む