雇用統計結果は利上げを後押しか

2017年03月11日

昨日の米雇用統計は平均自給前月比が予想を下回るものでしたが、おおむね良好な結果になりました。

 

この結果を受けて、ドルは一時的に買われたようですがすぐにドル売りに押されてしまいました。

 

これは発表前からドルは継続的に買われており、その調整の意味合いが強いようです。

 

 

さて、今回の雇用統計の内容は3/15に発表されるFOMC政策金利の利上げに影響されるのでしょうか。

 

FedWatchでは90%近くの確立で利上げが行われるとの予想です。

 

市場もどうやら利上げは固いと見ているようです。

 

そうなると今度は年内の利上げ回数が焦点になります。

 

当初は年3回の利上げが予想されていましたが、3月利上げが実行されると、ペース的には年4回ということになります。

 

そうなると今回利上げが行われたと仮定すると、次の利上げは6/14のFOMCが有力になります。

 

そして9/20、12/13に利上げが行われて、これで年4回のペースです。

 

おそらく今後の市場を俯瞰的に見ると、このペースに合わせた相場になっていくでしょう。

 

 

freeEA

 

 

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村